広島県肝友会連絡協議会 (広島肝友会)

肝炎・肝硬変患者の会です。

【設立】:1987年3月

【会員数】: 250  名 (賛助会員 20 名)
【HP】なし

【対象疾患】ウイルス性のB型、C型肝炎、原発性胆汁性肝硬変(PBC)、
      自己免疫性肝炎を含む肝炎患者
【団体紹介】B型、C型のウイルス性肝炎、肝硬変,肝臓ガン患者と家族の会で、
  1987年(昭和62年)にまず広島肝友会が発足。その後、備後肝友会などができ、
  広島肝友会連絡協議会を結成した。医療現場の衛生状態が劣悪だった時代に
  感染爆発が起きたと考えられ、キャリアを含め全国に患者が350万人いると言われる。
  B型ウイルスは、幼児期の集団予防接種で感染したケースもあり、裁判により国の
  補償も受けられるようになった。C型は近年、飲み薬による治療も可能になり、
  ウイルスの排除によって「治る病気」になってきた。
  会では正しい知識の普及とウイルス検査受検者の拡大とともに、既に肝硬変、
  肝がんとなっている患者の救済をめざしている。
【主な活動】
 ・総会(年1回)
 ・肝臓病に関する医療講演会と相談会
 ・交流会、食事療法についての相談会
 ・肝炎・肝硬変患者のための料理講習会
 ・日本肝臓病患者団体協議会と共同で、国へ「基本法」の実施を求める署名・請願活動
 ・情報提供のための会報を年6回程度発行

【メッセージ】
早期発見で治療すれば、C型ではウイルスが排除され、「治る」人が増えています。B型も安定させることが大切です。ぜひウイルス検査を受け、専門医で受診しましょう。

  
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
 ※このホームページは広島県共同募金会から配分金の援助を受け、運営しています。
ba-hiro