2014年 2月

終了しました!RDD2013

世界で同時に開催されたこの行事。
初めて広島での開催には、不安も大きく、
準備不足のまま直前までバタバタとしてしまいましたが、60名を超える方にご参加いただき終えることができました。

皆様のおかげで無事に終了しましたこと、この場を借りてお礼申し上げます。

ありがとうございました。

詳細は、また後日掲載させていただきます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Raye Disease Day(レアディジーズデイ)~RDD2014

世界希少・難治性疾患の日in広島

   日時:H26年2月28日(金)13:30~15:00

   場所:広島県健康福祉センター 8階中研修室

        (広島市南区皆実町1丁目6-29)

 Rare Disease Day (世界希少・難治性疾患の日、以下RDD)は、より良い診断や治療による希少・難治性疾患の患者さんの生活の質(QOL)の向上を目指して、スウェーデンで2008年から始まった活動です。 NPO PRIP Tokyo(RDD2013日本開催事務局 HP:http://www.rarediseaseday.jp/index.html)を中心に2010年から日本でも開催されてきました。このたび広島においても同日に開催いたします。この機会に多くの皆様に希少・難治性疾患の現状についてご理解いただくとともに、患者が感じている気持ちに触れていただきたいと願っています。ぜひ皆様のご参加をお待ちしております。

  プログラム:◇希少難病患者からのメッセージ発表
          沖 今日子さん (進行性骨化性繊維異形成症=FOP)
          永島田 光美さん (再発性多発性軟骨炎=RP)

         ◇希少難病の解説   難病対策センター
        
         ◇交流会 どなたでもご参加いただけます。                    

         ◇資料配布 パネル展示

希少難病とは、国内の患者が5万人未満とされている定義づけされている難病(原因が不明、根治治療未確立)の中でも、さらに希少な難治性疾患です。その罹患率は200万人に一人、100万人に一人(もっと少数派もあり)といった少なさで日本国内の同病患者が数名~数百人と、医学的な情報はもちろん同じ病気の仲間を出会うことなく、不安や悩みを抱えながら闘病しておられます。

ぜひ、希少難病の現実を知り、支援の輪が広がることを願っています。

詳しい解説等は、プリップ東京 RDD ホームページをご覧ください。 
http://www.rarediseaseday.jp/index.html

 

    

主催・問い合わせ広島難病団体連絡協議会      後援:難病対策センター

     〒734-0007 広島県広島市南区皆実町1丁目6-29(広島県健康福祉センター3階)
           TEL(082)236-1981 FAX(082)236-1986
        HP:http://www.hironanren.info/  MAIL:peer@hironanren.info